ホーム > KISの教育 > 学校生活:コミュニティレター > 2015年7月号

コミュニティレター

学校ニュース(2015年7月号)

学校ニュース 一覧へ

体育祭を終えて
*  2015年6月28日(日)、体育祭は天候の影響で1日延期となりました。予期していたとはいえ、延期して実施したにもかかわらず、保護者、並びに関係者のみなさまには、あたたかいご声援をいただき、本番を無事終了することができました。ご臨席いただいた多くの方々に感謝いたします。
 毎年、体育祭前にはリレーやブロック対抗種目などの練習がはじまります。一人ひとりが学校行事にこんなにも熱くなれることはKISらしいところだと感じています。私がグラウンドで見回りをしていた時、「体育祭に向けて練習するのはKISの文化です」とある生徒が話してくれました。昼休みの練習になると全校生徒のほとんどが出てきます。高校生と中学生が共に活動するグラウンドの中でも、ラストの体育祭を迎える高校3年生は必至です。勝負にかける3年生の思いは見ていて伝わってくるものがありました。また、4月に入学してきたばかりの中学1年生も先輩たちに教えてもらいながら、一生懸命に練習に取り組んでいました。少人数だからこそ、縦のつながりも強くなっているのでしょう。夢中になれる行事はたくさんありますが、KISでは体育祭が一番と答える生徒や、体育好きの生徒が多いことが素直に嬉しいです。また一つの文化を生徒とともに受け継ぐことができたことを嬉しく思います。そして、見るものに感動を与え続ける生徒たちに感謝しています。
*  最後になりましたが、赤組、白組のリーダーとして、体育祭の原動力となった高校3年生、2年生の存在は後輩たちにとって大きなものであり、彼女たちの姿こそ、これからのKIS生の指標となってくれることでしょう。
【保健体育科主任  料治 洋之】

体育祭のハイライト~総合優勝:白組(J1・S1・S2)~
*  燃えろ全力少女!~sky is the limit~のスローガンのもと、全力で競技に打ち込む生徒たち。競技するためには相手が必要であり、勝負を通じて互いを尊重しあえてこそ競技が楽しめます。
 「棒引き」はS1がパワーでJ3を圧倒し、大差で勝利をおさめました。続く「仲良しデカパンペア」では先ほどの負けを挽回する走りでJ3が1位を奪取。互いに得点を重ねていきます。「大縄跳び」も本番で練習以上の力を出す学年が続出、拮抗した状態でしたが、赤組・白組のリーダー対決ともいうべき激戦を制したのはS3でした。記録は体育祭新記録の101回。S2は惜しくも負けてしまいましたが記録は100回と、こちらも新記録でした。「綱引き」では白組が全勝で赤を突き放しにかかります。続く「玉入れ」でもJ1が勝って、白組の勢いが止まりません。
*  ここで反撃ののろしをあげたのがJ2の「いっしょにねっ」でした。従来の走り方をすて、S3と共に練習してきたすり足走法で安定した走り(歩き?)を見せ勝利をつかみました。「スウェーデンリレー」ではS3が貫禄の1位。予行ではS2が有利に見えた「台風の目」も、本番ではS3がノーミスの快走で勝利しました。続く「学年対抗リレー」でもS3が5連覇の快挙で赤組に得点を重ね、最後の「大玉おくり」が始まる時点では赤組・白組の得点はわずかに1点差。最後の種目で優勝が決定します。1回戦は赤組が勝利。優勝に大手をかけます。しかし、白組が2回戦を勝利し、勢いそのままに、最終の3回戦を勝利しました。これによって、2015年度体育祭は白組が総合優勝を果たしました。
 演技種目では中学生による「なぎなた演技」や「組体操」、高校生による「ダンス」がありました。「組体操」では、初の試みとして生徒自身が技を選択するプログラムを取り入れました。J3のタワーも当日まで練習し、本番で成功させることができました。高校生の「ダンス」でS3は『受験生となり、感じている不安なども、仲間や自分を信じて最後まで突き進むことで克服できる』というイメージをもとにフラッグを使って全体を構成していました。2本のフラッグの音が様々に変わる隊形と相まって、勢いの中にも落ち着きの感じられる作品となっていたのではないでしょうか。S1・S2は『夏を待ちわびるワクワク感と、今を存分に楽しんでいる気持ち』をポンポンで表現しました。最後の全員でのダンスには『一人ひとり違った個性を持っているKIS生は、みんながスターで、夢への思いには限りがない』ことを各学年が動きの中で表現することに挑戦しました。放課後や休み時間を上手く使い、互いの学年が考えた振りを写してきました。先輩後輩の繋がりが強く、仲の良い高校生たちの絆がさらに強くなっていくのを感じました。

ブロック短信

 25回生にとっては初めての体育祭が行われました。生徒たちは赤組・白組やクラスのために全力で競技しました。体育祭終了後の生徒たちは、やりきったという充実感いっぱいの様子でした。仲間との絆もより深められたと確信しています。この経験を活かしてさらによりよい学校生活を送れるよう努力していって欲しいです。

【Aブロック担当  濱田 仁嗣】

  今年度の組体操で24回生は、複数の技から演技を選択して披露することになりました。限られた練習時間で技を完成させなければならず、体育祭直前まで試行錯誤をしましたが、本番ではきれいに演技ができたと思います。これからも最後まであきらめずに取り組む「粘り強さ」をさまざまな場面で発揮してくれることを期待しています。

【J2-1担任  髙橋 清吾 】

 先日の体育祭では、23回生は初めて優勝を逃してしまいました。しかし、仲良しデカパンでは見事1位となり、一つ雪辱ができました。また、組体操では、なかなか技が決まらず、当日の昼休みまで練習し、フィナーレを飾ることができました。この最後まであきらめない姿勢をこれからも大事にしていってください。

【J3-1担任  北見 茂】

 先日の体育祭では各々が最後まで諦めず皆で助け合った結果、勝利を勝ち取ることができました。またダンスや競技の練習をやった分だけ達成感を感じられたと思います。今後の学校生活においても体育祭同様、何事も全力で取り組んでください。最後に、テント撤収の際S3の先輩がたくさん手伝ってくれました。22回生の皆さんにもそんな先輩たちの姿を目指してほしいです。

【S1-3担任  八木 健一朗】

 耳に入る様々な意見から、21回生にとってはこれまでとは違う立場の体育祭で、視点もこれまでと異なってきました。皆が違う意見を持ち、自主的・自律的にお互いを高め合う過程が常にある事は本校の良い点の一つです。これからもより良い校風を築いていけるよう意見を出し合い、後輩には適切なアドバイスを期待しています。

【S2-1担任  田中 良】

 最後まで天候に振り回されながらもなんとか青空の下での体育祭を行うことができました。20回生にとっては最後となる今回。体育委員を始め、全員が力を出し切り、一致団結できた、6年間で最高の体育祭だったと思います。この経験を胸に、受験でもお互いに切磋琢磨しながら最後まで自分を信じて頑張ろう。Stick to it! 20回生!

【S3-3担任  山中 太二】


トビタテ!留学JAPAN・高校生コース第1期生 にKIS生が選出されました!
*  官民協働海外留学支援制度、通称「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」は、平成26年からスタートした大学生・高校生の海外留学をサポートするプログラムで、高校生プログラムは今回が第1期生となります。全国218校514名の応募者から、書類選考及び面接試験を経て、本校からは高校1年生のN.Uさん(左写真)が選ばれました。

 6月13日(土)午前中、文部科学省にて、「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム【高校生コース】」の壮行会と事前研修が行われました。

*  文部科学省の講堂で行われた「壮行会」では、冒頭の挨拶で、下村博文文部科学大臣から、これからの社会で必要な3つの力「課題解決能力」・「創造性」・「人間的な感性(やさしさ・慈しみ)」を「トビタテ!」で身につけ、夢と志をつかんでほしい、との激励の言葉がありました。このプログラムには144社の支援企業、総額計約100億円が投じられているとのことです。Nさんは「全国から集まった同じ志を持つたくさんの仲間と話ができました。この留学プログラムを通し、英語力・人間力を磨きたい。」と力強く話してくれました。Nさんはこの7月12日より約2週間、カナダ、バンクーバーにて、世界各国からの留学生と一緒にアカデミックな英語学習と共に、自然や環境について学習しています。21世紀は今まで以上に国を越えて人と人の結びつきがより強く求められます。みなさんも新しい時代へトビタツ準備を進めて下さい。

カウンセリング日程


行事紹介
水泳実習(J1・J2)
*  7月9日(木)・10日(金)の2日間、Aブロックの生徒は水泳実習を行いました。シーズン間近でしたが、泳ぐのは今年に入って初めてという生徒も多くいました。クロール、平泳ぎ、背泳の3泳法の練習と泳力に合わせたグループ実習で水になれることができたのではないでしょうか。夏季休業に入るとプールや海水浴などに出かけることも多くなります。安全に心がけながら、休みに入ってからも、楽しく運動を行ってください。

English Camp(J3)
*  7月22日(水)・23日(木)、ネイティブスピーカーによる集中的な指導を通して、実践的なコミュニケーション能力の向上を目的とし、J3を対象とした宿泊研修がユニトピアささやまにて実施されます。
 来年度のNZ語学研修のより一層の充実に向けたプログラムの一つであり、英語でのプレゼンテーションなど、これまで学んできたことを表現のツールとして活用できるようにトレーニングを積みます。

サマーキャンプ(J1・J2)
*  7月22日(水)~24日(金)、自然に親しむことを目的とした校外宿泊研修が実施されます。昨年度は大山でのキャンプでしたが、今年度は広島の鞆の浦やしまなみ海道など、瀬戸内周辺での研修となります。仲間と協力することの大切さを一人ひとりが自覚して活動してください。

英国語学研修(J1~J3希望者)
*  8月2日(日)~9日(日)、中学生の希望者を対象とした語学研修を実施します。今年度はロンドン郊外のセント・アルバンスに同世代の青少年が参集し、共同生活を送ります。インターナショナルな環境の中で、豊かな国際性を身につけ、英語のコミュニケーション(聴く・話す・書く・読む)能力を高めます。

保護者および生徒の皆さんへのお知らせ
月/日 自習室 事務室
7/19    
20    
21
22
23
24
25    
26    
27
28
29
30
31
8/1  
2    
3
4
5
6
7
8    
9    
学校休業日 (8/10 ~ 8/16)
17
18
19
20
21
22  
23    
《 夏季休業中の自習室開放・事務室受付案内 》
下表の通り自習室の開放、事務室の受付を行います。
時間は9:00~16:00となります。
《 夏季休業中の主な行事 》
7月21日(火) ~ 24日(金) S3勉強合宿(シーパル須磨)
7月22日(水) ~ 24日(金) Aブロック サマーキャンプ
     (ツネイシしまなみビレッジ)
7月22日(水) ~ 23日(木) J3イングリッシュキャンプ
7月27日(月) ~8月1日(土) S1・S2夏季セミナー
7月28日(火) ~8月1日(土) S3夏季セミナー
7月28日(火) ~ 31日(金) S3三者面談
8月1日(土) 第1回オープンスクール
8月2日(土) ~ 9日(日) イギリス語学研修
8月4日(火) ~ 6日(木) S1・S2勉強合宿(しあわせの村)
8月9日(日) S3全統マーク模試
8月17日(月) ~ 21日(金) S3夏季セミナー
8月24日(日) S1・S2全統模試
《留意事項》
  • 期間中に登校する予定の皆さんは、教室に掲示された日直表を参考に、予め質問可能な日を確認しておきましょう。積極的に教員を活用して夏季課題等の質問や指導を受けるなど、自主的に学習を進めてください。
  • 自習室は、家庭科室、図書室、美術室、高校1年から3年の各3組の教室とします。また、「すらら」専用の自習室としてニューメディア教室を開放します。
    自習室ではけじめを守り、学習に集中して下さい。なお、休憩・食事は食堂で行ってください。
  • 自習室を長時間空ける場合は、貴重品の管理に留意し、照明・空調を切って下さい。
  • 登校した生徒は、家庭科室前の『登校日誌』に必要事項を記入して下さい。
    (夏季セミナーに出席した場合でも、引き続き残って自習する場合は記入して下さい。)
  • 下校時間は16:00です。厳守してください。帰る際は、使用した教室を片付け、照明・空調を切ってから退室して下さい。また『登校日誌』に退校時刻を必ず記入して下さい。

《 夏季休業後の予定 》
  • 8月24日(月)は、「集い」の後、平常授業を実施します。提出する課題や授業の準備を忘れずに登校して下さい。
  • 9月7日(月)~11日(金)に前期期末考査を実施します。(S3は除く)
    休業中からしっかりと準備しましょう。

【 緊急連絡先 】
9:00~16:00: 078-731-4665 (事務室)
16:00以降及び休日: 078-731-6177 (守衛室)